SNSをマーケティングに活かすためのポイント

マーケティングを知って社会の仕組みを理解しよう!

ビジネスで注目!SNSマーケティングの可能性

従来型マーケティングを得意とするエージェントとして、ニーズ調査会社、ブランド調査会社などがあります。 これらのエージェントはクライアントとなる企業と契約を結び、企業にかわって市場のニーズ調査を行うことで報酬を得ています。 調査会社が得意としてきたマーケティング手法を比較してみましょう。 もっと読む

まずは従来のマーケティングを学ぶ

SNSの強みである拡散力と速報性をマーケティングに応用すれば、少ないコストで最大限の訴求効果をあげることができ、新規顧客の獲得はもちろんのことリピーターの囲い込みにもつながります。

現時点で、SNSを実際にビジネスモデルに組み入れている企業は多く、商品PRの効率が飛躍的に向上したと概ね好評のようです。
ネット環境さえあれば誰でも手軽に利用できるところに、SNSの利用価値があります。また、基本的に無料で使えるというのも大きなポイントです。
SNSでのマーケティングといっても、単純にツイートやフォロワーを通してユーザーニーズを把握するだけではありません。
それらの基礎調査ももちろん大切なプロセスではありますが、実際のビジネスではより深いレベルでの応用が進められており、ここ数年はさらに実践的な連携手法が次々に開発されています。

企業によってはSNSマーケティングの専門セクションを設け、市場調査における深い知識とスキルをかねそなえたスタッフチームでニーズ解析を行い、売上の向上および安定した利益確保を実現しているところもあります。
かつてマーケティングといえば、個々のユーザーの購買記録をデータベースから解析し、新たなニーズを掘り起こす手法が主流でした。

しかしながら、SNS全盛の現代においては、誰がどのような商品をよく買っているか、新たな商品としてどのようなものを欲しているか、というマーケティングの基礎情報をネットワーク上で大量に収集できるようになったのです。
SNSとの連携によって、マーケティングはどのように変わっていくのでしょうか。

実践!SNSマーケティング

SNSマーケティングそのものは比較的新しい概念ですが、その根底にある発想は従来型マーケティングと大きく変わるところがありません。 SNSマーケティングを実際に導入している企業では、具体的にどのようなかたちでSNSを活用しているのでしょうか。 実践的な手法をまじえて御紹介します。 もっと読む

マーケティング今昔物語

企業マーケティングの鉄則と最新手法について理解したら、今度はマーケティングの歴史をたどってみましょう。 マーケティング今昔物語を振り返ることで、古くは生産者と消費者の関係をひもとくことができ、近年注目のSNSマーケティングの未来予想図も思い描くことができます。 もっと読む