女性

板金塗装は長年の経験と技術の集大成が詰まっている

安全性を保つための点検

男性

冬が来ると雪が降る北九州地方では、雪道による事故が多発しています。しかし、そういった事故は車検などの定期点検がなければ更に増加することになりかねません。車検は安全な走行ができるよう設けられた法律です。点検項目の中に含まれているものはどれも走行する上では大事な部分です。例えば、ドライブシャフトやタイロッドエンドのブーツの切れなどの確認もしています。なぜかというと、切れてしまった場合にその切れた部分からゴミなどが入ります。それが噛み合っているネジ部に入ってしまったり、タイロッドエンドのジョイント部に入ってしまったりするとゴミが金属を傷つけてしまい、それが原因で動きが悪くなります。他にもタイヤの溝の深さやブレーキパッドの厚みのチェックといったものがあります。凍結路面などで事故の多いような地方では特に重要視しなければならない部分です。寒い地方ではスタッドレスタイヤを履くことが多いため、本来の性能を最大限に発揮するためには溝の残りが重要です。
雪が降るような地方では稀に豪雪になることもあります。それが、走行中であれば視認性が悪く大変危険な状態になります。そんなときの運転はライトとブレーキランプの灯りだけが便りです。前の車との車間がいつのまにか縮まっていたという場合も、ブレーキランプが光っていればある程度の距離を想定して止まることもできます。ですが、ランプなどの光もなく突如でてきた場合には、雪道の上では急に止まることができずに事故になってしまうこともあるのです。北九州地方では、雪が降るとスリップなどによって混乱して事故を起こす人もいます。そのような細かな部分も北九州の車検工場では点検します。そうすることで普段の運転の安全性は保たれれているのです。北九州内だけでもいくつもの車検を通す工場が存在するので、それぞれの料金やサービス内容などから依頼する場所を決めるとよいでしょう。また、依頼前に整備不良となるような部分がないかどうか愛車のチェックも行ないましょう。