SNSをマーケティングに活かすためのポイント

ビジネスで注目!SNSマーケティングの可能性

マーケティングのプロ!市場調査会社の役割

市場動向調査会社の仕事は、企業が求める市場の動向を調査し、将来の予測を立てて最適な計画を立案することです。

調査会社が重視するのは企業の潜在的な競争力です。
調査会社がより抜本的な戦略を提案することによって、企業はユーザーから見てさらに魅力的になり、潜在的な競争力のある企業ほど、調査会社にとって「成長させやすい企業」ということになります。

企業戦略を確立するため、市場動向調査会社では古典的なマーケティング方法を用いてニーズの把握につとめています。
簡単に言えば、マーケティングは、「顧客が望むものを把握する」という繰り返しにすぎません。

どんなに高度な分析方法が日夜開発されても、その根底にある考え方は変わりません。
多くの顧客ニーズを直感的に把握することは容易ではないため、企業マーケティングでは顧客情報を定量化し、今後の実態把握や予測に役立てています。

市場調査とコンサルティングの違い

市場調査と経営コンサルティングでは、本質的に異なっています。
経営コンサルティングは、財務状況を細かく分析し、排除できる経営コストを省くことで効率的な経営体制を提案することです。
一方、市場調査会社とは、ユーザーニーズと製品の売れ行きから将来の市場動向を予測し、企業にとってより収益性が高く安定したマーケティングを継続するための課題を見つけ出し、解決するプロセスです。

より効率の良い市場調査を実現するには、マーケティングの基本的な知識を習得するだけでなく、現在主流となっているマーケティング手法の原則とその目的を理解する必要があります。
外部委託できるからと言って、専門知識のないままに調査会社にマーケティングを依頼してしまうと、調査会社の意向を一方的に鵜呑みにすることになりかねないため、事前に最低限の分析能力を身につけておくことが重要です。


この記事をシェアする