SNSをマーケティングに活かすためのポイント

実践!SNSマーケティング

SNSマーケティングでも応用できる手法

PEST分析は、顧客ニーズを多様に分析する方法としてSNSマーケティングでも一般的に使用されています。
PESTは、政治、経済、社会、技術の4つの英単語の頭文字であり、これらの4つの側面から市場における需要変化の背景を分析する、ということを基本コンセプトに据えています。

顧客の購買現象をより細かい単位で分析する手法として「フォース分析」があります。
フォースにはもともと「力」という意味がありますが、この場合はたんに要素という文脈で用いられています。
つまり、どのような要因によって製品の売り上げが上下しているのかを数値的に分析し、将来のニーズ予測に役立てます。

よりシンプルな分析手法として3C分析があります。ビジネスにおける3つのC、「顧客」、「競争」および「自社」の観点から市場動向を予測する手法で、シンプルであることからSNSマーケティングでも応用が進められています、

マーケティングの基礎は差別化から!

SNSマーケティングを活用できたとしても、そこから一歩進んだ企業戦略がなければビジネスの世界では生き残ることができません。
企業ブランド差別化のアイディアは、ライバル企業とは違った優れた存在として認識されるために重要です。
それはつまり、「その分野で唯一の会社」になることであり、「コレを買うならここ!」と顧客に印象づけることにほかなりません。

差別化の方法には、価格、技術、サービスという3つの側面があります。
飲食業でよく見られるのは価格の差別化であり、主要な牛丼チェーンの競争から見ることができるように、価格の点での単純な差別化には一定の制限があります。
低価格を維持するために品質を大幅に低下させることはかえって逆効果であり、付加価値を見出すためには、技術面と顧客サービス面で勝負する必要があります。


この記事をシェアする